八木マリヨ@神戸
鎮魂の縄をなう

「“な”は〈あなた〉の“な”、“わ”はわたしの“わ”」
 Winter 1996

 昨95年11月、神戸出身のアーティスト・八木マリヨさんは、神戸の人々に働きかけ、Tシャツなどの古着1万着をより合わせて、巨大な縄をつくりました。縄は東灘区にある神社の境内に立てられ、鎮魂の思いを込めて、震災から1年後の夜に燃やされました。「送り火」を終えた八木さんに話を聞きました。

return Interview1
みんなの気持ちを自然にひとつにする時間





return Interview2
「立てること、そこが一番大事なんや!」





return Interview3
地球のへその緒は宇宙から生まれた





return Interview4
縄には終わりがない



sensoriumのアップデート・アナウンスメールへの登録は、こちらで受け付けています。

[back to Map-page of "Sensing Japan"]


sensoriumのテーマおよび「日本というカラダ」のバックボーン的なテキストが、「連感」内の「ライブラリー」に収められています。やや長文ですが、関心のある方は下のテキスト・アイコンあるいはテキスト名をクリックして下さい。

[「地」 変動体に生きる感性 by  竹村真一]