津村喬@神戸
「震災後」の声を集める
Part-1

「神の戸が開いた!」「地球が怒った!」
 Winter 1996

『震災後の声を集める』は、神戸在住の気功家であり評論家でもある津村喬さんによる、「被災」たちの生の声のアンソロジーです。大震災についてはマスメディアも報じていますが、津村さんのレポートはひと味もふた味もちがっています。Part 1では震災直後から1年間の声を集めました。

1年目の震災ごっこ

return voices-1 《記憶》




return voices-2 《神の戸が開いた》




return voices-3 《水汲みの日々》

return




sensoriumのアップデート・アナウンスメールへの登録は、こちらで受け付けています。

[go to 津村 喬 / 震災後の声を集める Part-2]
[back to Map-page of "Sensing Japan"]


sensoriumのテーマおよび「日本というカラダ」のバックボーン的なテキストが、「連感」内の「ライブラリー」に収められています。やや長文ですが、関心のある方は下のテキスト・アイコンあるいはテキスト名をクリックして下さい。

[「地」 変動体に生きる感性 by  竹村真一]
[「地」 神戸から世界へ by  津村 喬]