彗星とともに生きる:木内鶴彦@長野県臼田町/Summer 1996
最初のページに戻る
スイフト・タットル彗星と木内さんが出会うまで、あと約24億4600万km
1986.10.13  長男・康平(こうへい)くん誕生

「子どもを見に行ったとき、遠くからわかるんだよね。たくさん並んでる中で、ここにいるよって訴えてるような感じかな。嬉しかったですよ。」

「自分の小さい頃とだぶってくるのね。ああ、こんなことに興味持っていたなあって。で、だまって見てるの。自分も子供時代に戻る。知っていても、一緒に調べて、知らないことまでわかって、一緒に驚く。子どもが理解して、天下取ったような顔してるのを見るのも楽しい。
子どもたちが不思議に思うこと、一緒になって不思議がりたい。子どもの感性、洞察力、やる気を大事にしたいな。」