彗星とともに生きる:木内鶴彦@長野県臼田町/Summer 1996
最初のページに戻る
スイフト・タットル彗星と木内さんが出会うまで、あと約58億3890万km
1965.11  池谷・関彗星を見て感動を覚える

「小学校5年生で、星がどんどん好きになってたから。そんなときにこの彗星を見たでしょう。新聞配達していて、ちょうど明け方に見たんですよ。美しかったね、本当。そしたら新聞やニュースで彗星の名前を知って。このとき彗星には第一発見者の名前が付くって知りました。ああ、俺も彗星見つけたいなあって。