川崎義博@屋久島
島の響きを感じる

「生態系に伴った音こそおもしろい。
 録りながら、実際にそれを感じましたね」
 Winter 1996

 サウンド・デザイナーの川崎さんは、一貫して「音」の世界を構築することにかかわってきました。現在はSt.GIGAの番組制作ディレクターを務めるかたわら、CD-ROMなど、新しいメディアのフィールドでも活躍中です。全身が耳となっているような川崎さんが、屋久島でとらえた音の数々を紹介します。


A I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
I
「僕がおもしろいと思ったのは、ヤクスギなんかじゃなくて、あくまでも『生態系』に伴ったところの音なんです。屋久島の自然には亜熱帯から亜寒帯までがありますが、それに即してね。音を録ってて、実際にそれ、つまり生態系を感じていました」

interviewed by: TAOS fellows

map of Yakushima island



B せせらぎ
C せせらぎ
D 鳥たち
E 鳥たち
F
G 渓流
H
I ヤクザルたち
J ヤクザルたち
K 雨と風
L
M 流れ
N 流れ
O 滝の浦
P
Q あられ
R 湧き水と鳥
S 湧き水
T ヤクシカ
U ヤクシカ
V
W ヤクザルたち
X 水滴
Y 小さなせせらぎ

sensoriumのアップデート・アナウンスメールへの登録は、こちらで受け付けています。

[back to Map-page of "Sensing Japan"]