Excerpeted in sequence but with some omissions from:
The Rubaiyat of Omar Khayyam

(Translation by Edward FitzGerald).



ああ、萎えゆく私の命が供する葡萄酒、
死んだときには私の体を清めておくれ。
これが私が刈り取った収穫のすべて。
“水のごとく来て、風のごとく去る”

不思議なことに、土から生まれた者の中には、
歯切れのよい人と、そうでない人とがいる。
突然、またひとり気短な奴が叫んだ。
“ねえ、壺つくりは誰だ? そして壺は誰なんだ?”

もうひとりがいう。“もちろん、無駄ではなかったさ。
私の物質は、私たちが分かちもつ大地から採られたのだから、
型に入れて精妙に私をつくりあげた主は、
再び私を踏みつぶし、大地に戻そうとするだろう”


オマル・ハイヤーム『ルバイヤート』
(エドワード・フィッツジェラルド訳)より抜粋(一部省略)。




*本テクストならびに写真は著作権上の保護を受けています。
本テクストならびに写真の一部あるいはすべてについて、
いかなる方法によっても無断の複写・複製・転載を禁じます。
Ingo Gunther 1996
Bruce Osborn (Ozone,Inc.) 1996