王義之(おうぎし)

 東晋(とうしん)の書家。321〜379。楷書・草書において「古今に冠絶」といわれる。