水気耕栽培/ハイポニカ 

ハイポニカ・トマト
龍村 仁監督作品『地球交響曲』より(写真提供:SEDIC)


 水気耕栽培法。1985年、筑波国際科学技術博覧会で農学者・野澤重雄氏が発表した「ハイポニカ・トマト」は、新鮮な水と栄養分(肥料)を苗のころから供給するだけで、普通の種から1万数千個のトマトを実らせた。野澤氏は「成長を妨げる条件を取り除き、植物が、自分で自分の能力を存分に発揮できるよう手助けしただけです」と語っている。